DNA気候学

文部科学省科学研究費助成事業「学術変革領域研究(B)」
令和2年度〜令和4年度

2020年12月25日

12月23日(水)13:00 第1回雲解像気候学ワークショップ


13:00~13:10激励の言葉住明正(東京大学)
13:10~13:20全球雲解像モデルによる気候研究への挑戦三浦裕亮(東京大学)
13:20~13:35全球雲解像気候シミュレーションに向けて小玉知央(JAMSTEC)
13:35~13:50MIROC班の役割と研究計画三浦裕亮(東京大学)
13:50~14:05階層構造を踏まえた気候システム評価手法開発への挑戦梶川義幸(神戸大学)
14:05~14:20挑戦的モデル班の目指すこと升本順夫(東京大学)

休憩(10分)

14:30~14:45大気境界層 LES における高精度力学コアの必要性について河合佑太(理研)
14:45~14:55NICAMによるマッデン・ジュリアン振動の再現性について末松環(東京大学)
14:55~15:05MIROCによる気候変動メカニズム研究の紹介(北極海氷を事例として)山上遙航(東京大学)
15:05~15:15全球雲解像モデルNICAMが描像した氷雲Ying-Wen Chen(東京大学)
15:15~15:25海大陸域における対流活動日変化の再現性検証に向けて横井覚(JAMSTEC)
15:25~15:35ブロードバンド放射伝達モデルMstrnXの現状と課題挑戦的モデル班の目指すこと関口美保(東京海洋大学)

休憩(10分)

15:45~15:55MIROCにおける亜南極域の再現性松田拓朗(東京大学)
15:55~16:05北太平洋十年規模振動において海洋表層水温偏差の再出現過程(Reemergence)が果たす役割の研究村田壱学(東京大学)
16:05-16:15Validating MIROC/NICAM performance over the Maritime Continent during boreal winterMarvin Seow (東京大学)
16:15~16:25Convective self-aggregation in radiative-convective equilibrium: a comparison study between SCALE and VVMChing-Shu Hung(東京大学)
16:25~16:35カノニカル分布の枠組みに基づく3次元放射対流平衡システムの統計的解析神野拓哉(東京大学)
16:35~16:45スーパーパラメタリゼーションの実装と改良山崎一哉(東京大学)
16:45~17:00議論
  • 文部科学省
  • JSPS
  • 科研費