DNA気候学

文部科学省科学研究費助成事業「学術変革領域研究(B)」
令和2年度〜令和4年度

2021年6月9日

第5回雲解像気候学セミナー


[日時]
2021年8月18日(水) 13時~15時

[場所]
オンライン zoom使用予定

[発表者]
片岡崇人(海洋研究開発機構)

[タイトル]
大気海洋結合モデルによる季節から数年規模予測

[要旨]
例えばエル・ニーニョ/南方振動や北大西洋数十年規模変動のように、気候は様々な時間スケールや空間パターンで変動し、世界各地で異常気象を誘発する。また、このような気候の内部変動は、人為的な気候変化を相殺・増強することで、パリ協定が掲げる「1.5°C目標」の一時的な超過にも影響しうる。それゆえ、このような気候変動の精確な予測は社会に裨益する。本発表では、温暖化予測や天気予報との違いやアンサンブルの必要性など、季節から数年規模予測の概要について、MIROC6を用いた気候予測実験結果の紹介を交えながら説明する。また、MIROC-ES2Lによる炭素予測の取り組み等についても簡単に紹介する。

☆接続先のお問い合わせについては下記のアドレスまでご連絡ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: adress-2.png
  • 文部科学省
  • JSPS
  • 科研費