DNA気候学

文部科学省科学研究費助成事業「学術変革領域研究(B)」
令和2年度〜令和4年度

コラムColumn


図1のような雲の縞々しましまの構造をトランスバースラインまたは巻雲バンドと呼びます。この周辺では乱気流がよく発生するため、航空機を運航するうえで注意が必要な現象です。この現象は偏西風が特に強まっているエリア「ジェット気流」や、台風などの周囲に現れることがあり、出現する高度はたいてい地表から10〜15kmです。縞の間隔が数十kmと大きいため、地上から見て気付くことは難しいですが、衛星画像ではよく目……

続きを読む

地球上の海には、「ジャイア」と呼ばれる大洋をぐるりと一周するような大きな渦が存在します。亜熱帯域のジャイアは、太陽からより多くの熱を受け取って水温の高い熱帯から高緯度へと熱を運ぶため、地球の気候にとって重要です。例えば、日本南岸を流れる黒潮は、太平洋の亜熱帯域におけるジャイアの西縁の海流です。この黒潮が、源流域のフィリピン近海から暖かい海水を輸送してくるため、日本南岸は緯度にしては海水温が比較的……

続きを読む

 気象予報や気候予測には大気の数値シミュレーションモデルが利用されています。ここでのモデルとは大気のふるまいを記述した方程式の時間変化をコンピューターで計算するためのプログラムの集まりのことを指します。動画メディアを例にとれば時間当たりに何コマ表示するか(フレームレート)や一つの画面をどれだけ細かく表示するか(ピクセル数)といった指標があります。同様にシミュレーションモデルでは本来なめらかな大気……

続きを読む

  • 文部科学省
  • JSPS
  • 科研費