セミナー・シンポジウム

[日時]2022年2月2日(水)13時~15時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]吉田龍二 (NOAA) [タイトル]米国SciDAC課題:E3SMにおける鉛直格子拡張手法のこれまでとこれから [要旨]近年、数値モデルの高解像度化が進んでおり、特に水平解像度は大幅に向上した。一方で、鉛直解像度も無視は出来ない。本課題では、鉛直解像度の影響を調べ、鉛直構造の……

続きを読む

[日時]2022年1月19日(水)15時~17時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]多田隆治(千葉工業大学) [タイトル]古気候学とは何か? [要旨]1. 自己紹介 2. 近代古気候学の始まり ・ミランコビッチ仮説の検証 3. 近代古気候学の確立 1960〜1980年代 ・深海掘削(DSDP)などによる連続堆積記録採取・高精度の時間メモリの入手 ・プロキシの……

続きを読む

13:00~13:10DNA 気候学への挑戦: 1年目の総括と次の目標三浦裕亮(東京大学)13:10~13:20全球雲解像気候シミュレーションに向けて: 進捗と計画小玉知央(JAMSTEC)13:20~13:30気候モデルMIROCの高度化研究: 進捗と目標三浦裕亮(東京大学)13:30~13:40気候システム評価手法開発に向けた解析:進捗と目標梶川義幸(神戸大学)13:40~13:5……

続きを読む

[日時]2021年11月16日(火)13:00~15:00 [場所]オンライン zoom使用予定 発表者]樫村博基(神戸大学) [タイトル]火星大気・金星大気の全球非静力学シミュレーション(に向けて)[要旨]近年の惑星探査やシミュレーションの進展により、火星や金星の全球気象における鉛直対流の役割の重要性が示唆されている。我々は、火星大気・金星大気の全球非静力学シミュレーションを……

続きを読む

[日時]2021年10月27日(水) 13:00~15:00 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]辻野智紀(気象研究所) [タイトル]領域雲解像モデルによる台風シミュレーションと強度変化のメカニズム [要旨]熱帯低気圧 (以下, 台風) は熱帯海洋上で発生, 発達する地球上で最も激しい気象擾乱の一つである. 台風は中心から半径 100 km 周辺において, 活……

続きを読む

[日時] 2021年9月22日(水)13:00~17:00 [場所] オンライン zoom使用予定 [プログラム] 確定後掲載します。 ……

続きを読む

13:00-13:10趣旨説明升本順夫 (東大)13:10-13:50南極周極流の渦・平均流相互作用と Gent and McWilliams eddy parameterization松田拓朗 (東大)13:50-14:30ソマリア沖海域における夏季表層混合層水温の経年変動機構久住空広 (東大)14:40-15:20放射対流平衡における積雲対流のカノニカルアンサンブルの枠組みに基づく統……

続きを読む

[日時]2021年9月7日(火) 15時~17時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]道端拓朗(岡山大学) [タイトル]数値気候モデルMIROCの雲・降水パラメタリゼーションの高度化 [要旨]水平解像度が100 km程度の数値気候モデルでは、雲解像モデルのように個々の雲スケールでの物理過程を直接取り扱うことはできない。こうした雲のマクロな構造を表現する制約を抱……

続きを読む

[日時]2021年8月18日(水) 13時~15時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]片岡崇人(海洋研究開発機構) [タイトル]大気海洋結合モデルによる季節から数年規模予測 [要旨]例えばエル・ニーニョ/南方振動や北大西洋数十年規模変動のように、気候は様々な時間スケールや空間パターンで変動し、世界各地で異常気象を誘発する。また、このような気候の内部変動は、人……

続きを読む

[日時]2021年7月16日(金) 14時~16時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]川崎高雄(東京大学大気海洋研究所) [タイトル]海洋モデルによる全球 海洋熱塩循環のシミュレーション [要旨]大気と海洋の違いに触れながら、海洋大循環モデルCOCOの概要を説明する。全球気候を構成する海洋熱塩循環について解説し、それを海洋モデルで表現するための工夫(パラメ……

続きを読む

  • 文部科学省
  • JSPS
  • 科研費