DNA気候学

文部科学省科学研究費助成事業「学術変革領域研究(B)」
令和2年度〜令和4年度

お知らせNews


東京大学理学部ニュースの「学部生に伝える研究最前線」に雨粒の落下と地球の気候に関する記事が掲載されました。 東京大学理学部ニュースのページはこちらです。 ……

続きを読む


[日時]2021年8月18日(水) 13時~15時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]片岡崇人(海洋研究開発機構) [タイトル]大気海洋結合モデルによる季節から数年規模予測 [要旨]例えばエル・ニーニョ/南方振動や北大西洋数十年規模変動のように、気候は様々な時間スケールや空間パターンで変動し、世界各地で異常気象を誘発する。また、このような気候の内部変動は、人……

続きを読む


[日時]2021年7月16日(金) 14時~16時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]川崎高雄(東京大学大気海洋研究所) [タイトル]海洋モデルによる全球 海洋熱塩循環のシミュレーション [要旨]大気と海洋の違いに触れながら、海洋大循環モデルCOCOの概要を説明する。全球気候を構成する海洋熱塩循環について解説し、それを海洋モデルで表現するための工夫(パラメ……

続きを読む


第3回雲解像気候学セミナーを開催いたします。 [日時]2021年6月16日 13時~15時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]島伸一郎 (兵庫県立大学) [タイトル]Predicting the morphology of ice particles in deep convection using the super-droplet method [……

続きを読む


子供の科学 5月号にて、王家瑞特任研究員らの研究成果「変形しながら落下する雨粒の数値シミュレーションが可能に」が紹介されました。 出版:誠文堂新光社発売日:2021年4月9日発売 誠文堂新光社のホームページはこちら。 ……

続きを読む


第2回雲解像気候学セミナーを開催いたします。 [日時]2021年5月17日 13時~15時 [場所]オンライン zoom使用予定 [発表者]富田浩文 (理化学研究所計算科学研究センター) [タイトル]スクラッチからのモデル作り [要旨]筆者は、学生時代から数え、これまで主に3つのモデル開発にかかわってきた。その中でも最も現在成功しているモデルは、NICAM(Nonh……

続きを読む


1 2 3 4
  • 文部科学省
  • JSPS
  • 科研費